葬式で恥ずかしくない服装のマナー

冠婚葬祭の中でも突然連絡が来るのがお葬式です。結婚式などは事前にいつ行うのかといったことがわかるので落ち着いて準備をすることができますが、不幸というのは本当に突然知らせがきます。そして準備をする時間もないまま出かけなければならなくなってしまったりもするので、知らないうちに非常識なことをしてしまう可能性は誰にでもあるのです。
ですから、いざというときに慌てないで冷静に対応することができるようなるためにも最低限のマナーというのは常識として身に着けておく必要があります。
特に葬儀といった場所でマナーが悪ければ、普段よりもより悪い印象を相手に与えてしまうことも考えられます。相手に失礼にならないように服装のタブーなどを知っておけばいざというときに役立ちます。

男女と光物を身に着けるのはNGです

不幸の連絡というのは突然やってきます。そしてすぐに駆け付けなければいけないなど準備をする時間を持つことができないケースも多々あります。そこで最低限のマナーとしてお葬式やお通夜に参加するときには、光物は必ず外すようにしましょう。
女性の場合はネックレスやピアス、指輪といったものをつけているのであれば式場では外しておくのがマナーです。男性も同様でアクセサリー類は外しておくのが良いでしょう。特に忘れてしまいがちなのが時計です。目立たないタイプの物ならばよいですが、もしも金色の時計などをしている場合は外しておくほうが無難です。
そして喪服を用意できない場合には、できるだけ黒やグレーなど地味な色の服装を心掛けるようにして、光る素材のデザインや素材のものは避けるようにしましょう。

男性は黒のスーツで、女性はなるべく露出を減らす

お葬式に参加するときは喪服を着用するのが基本になります。黒のスーツなどでも大丈夫ですが、女性はスカート丈などに注意をしましょう。
男性の場合は喪服など黒のスーツはそこまでデザインが多くないので、そこまで問題はないのですが、女性の場合はスカート丈などサイズがいろいろとあるので注意が必要です。
男性はスーツを着用して黒のネクタイをしておけば最低限のマナーを守ることができます。一方で女性の場合は、喪服などを着用するときには膝が隠れるくらいの丈のものを着用するのがマナーです。
またバッグなどの小物を持つときには光沢のないものを選ぶようにしましょう。アクセサリーはパールのものを選びます。このときの注意点は二連のものなどは避けるようにします。基本的には黒を基調に落ち着いた服装を心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加