お葬式に弔問するときに適している髪型

突然、お葬式に弔問することになった場合、マナーや、服装については気を遣うことができても、髪型にまで気が回らないという方は少なくありません。前髪は顔にかからないように配慮するのが原則となります。顔が髪の毛で隠れてしまわないように注意する必要があります。中でも、お焼香をするときなどに、かがみ込むことになるので、そのときに前髪が垂れてこないようにまとめてヘアピンで留めるのがポイントになります。 前髪については男女の性別に関係なく、前髪は目にかからないような長さにする必要があります。耳を出したり、後ろでまとめたりすると良いです。清潔感があることが最も重要になるため、弔問する前に短く切るなどして、さっぱりした印象に仕上げるのがおすすめです。寝ぐせを整髪料で整える必要がありますが、あまり使い過ぎないようにする必要があります。

弔辞に適している形にするために

お葬式の当日は、ロングヘアの方は注意が必要になります。ロングヘアの場合は髪の毛を後ろに、うなじぐらいの高さでまとめると良いです。髪の毛をまとめる道具は全部黒色でまとめる必要があります。髪の毛をまとめる位置にも注意をする必要があります。 女性は髪の毛をまとめるときに若々しさを表現するのに、ポニーテールにする方がいますが、耳より高い位置で髪の毛をまとめてしまうと弔辞には適していない髪型になってしまいます。左右で髪の毛をまとめたり、おくれ毛を出したりするのも適していません。 団子状にまとめるのがおすすめなのですが、黒いストレートヘアなら1つで後ろで結べば問題ありません。しかし、パーマをかけていたり、髪の毛が茶色がかっていたりするときには、派手にならないように工夫する必要があります。

和装で弔問に訪れるときに必要な工夫

和装でお葬式に弔問するときは、髪型がロングの方はアップにして、小ぢんまりとまとめます。セミロングヘアの場合は黒いピンなどで留めるようにして耳を出し、顔を髪の毛で隠さないようにする必要があります。 ショートヘアの場合は、そのままの状態でも問題ありません。パーマがかかっている場合は、後ろで結ぶだけだと、毛先が広がり派手なイメージになってしまうため、広がった毛先が目立たないような工夫を施す必要があります。あまり前髪が長くない場合は、団子状にまとめようとしたときに、かがんだ拍子に少し髪の毛がほどけてしまうことがあります。ほどけそうな髪の毛はアクセサリーなどでカバーすると、だらしないイメージを与えることを避けることができるため、おすすめです。アクセサリーに真珠を使っている場合は真珠に髪の毛がかからないようにします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加