葬式の靴に関するマナーのアレコレ

葬儀に参列する際に気を付けなくてはならない事は様々あります。そのうちの一つが服装です。男性であればシンプルな黒いスーツ、女性であれば黒いフォーマル着用が基本となります。もちろん正装で参列するのがしきたりですが、現在は略礼装で参列するのが一般的です。 あとは男女によって身につけるアクセサリーやバッグなどが違うため、守るべきポイントが異なります。例えば男性はシンプルな腕時計なら許されますが、女性は結婚指輪以外のアクセサリーは避ける事が勧められています。 それは靴も同様です。当たり前ですが、葬儀の際にシューズを履いてくる人はいません。かといってフォーマルなものの中にも履いて良いものと悪いものがあります。間違って履いてしまわないように葬儀の靴に関するマナーを知る事が大切です。

葬式の靴はパンプスとプレーントゥとストレートチップ

女性が葬儀に履いていくものは黒いパンプスです。黒いパンプスといっても装飾がされていないシンプルなデザインのものを選ぶ必要があります。具体的に言うならヒールは3cmから5cmほどの太いもので、金具がつけられていないものです。ついていたとしても目立たないものであれば目をつぶる事ができます。パンプスは布製が一番ですが、ポリエステルや合成皮革、あるいは本革など光沢感を出さないものであれば問題ありません。ちなみに和装であれば黒一色の草履が一般的です。 一方、男性はビジネスマンが履くイメージがあるプレーントゥシューズか爪先が一文字飾りとなっているストレートチップシューズかのどちらかのシューズを履く事が最適だと言われています。ただしどちらであっても色は黒で、光沢感のないものを選ぶ事は絶対です。 ちなみに子供の場合はローファーが最もふさわしいですが、黒やグレーのスニーカーでも問題ありません。

葬式の靴として悪いものとソックスについて

しかしフォーマルなシューズを用意したからと言って気を緩めてはいけません。 まずそのシューズが葬儀の靴にふさわしいかどうか確かめる必要があります。先述しているように男女であれ、光沢感を放つシューズはご法度です。他にもカジュアルなシューズや動物柄のシューズは葬儀の場にふさわしくないとされています。 もっと具体的に挙げるなら女性の場合、ピンヒールやサンダル、爪先やかかとが露出しているヒール、さらにはウェッジソールが葬儀にふさわしくないものです。性だったらショートブーツが挙げられます。 あとはソックスもシューズと同じくらい気を付けるポイントです。ソックスはシューズよりも限定的で、男性なら黒くて長いソックス、女性なら肌色か黒色のタイツしか許されていません。言うまでもなく品位を高め、目立つ事を良しとしない葬儀のマナーの影響によるものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加