お葬式における供花のマナーと知識

供花(くげ、きょうか)とは、故人に供えるお花のことです。これは遺族や親族、親しかった人などが送るほかにも、遠方のために参列ができない場合などに送ることがあります。また香典辞退のお葬式であった場合などにも、香典の代わりに贈るといったケースがあります。 訃報はある日突然やってくるものですが、急な準備に慌てることなく、しっかりとマナーや知識を身に着けなければいけません。もっとも慌ただしく忙しいのは残された遺族です。 香典だけではなく、供花をおくるにもいくつかのマナーがあり、宗教や宗派、地域ごとにいくつもの違いがあります。こうした宗教ごとの違いを理解し、残された遺族の負担を減らすためにも、失礼のないように通夜や葬儀当日を迎えられるようにしたいものです。

供花の手配方法と気をつけるべき注意点

手配方法は大きく分けて3つあります。葬儀社・フラワーショップ・インターネットです。しかし、最も確実なのは葬儀社で依頼することです。 時間がない時や会場の雰囲気に合わせてもらえることも大きいですが、葬儀の内容を取り仕切っているということが大きいでしょう。また葬儀は内容によっては故人の意思を尊重して受け取らない場合があります。葬儀内容も含め、葬儀社に問い合わせてみるのが確実です。 葬儀社がわかからない場合は、葬儀会場に日時と故人の名前と喪主を問い合わせれば、担当葬儀社を教えてもらえます。自分で選びたい場合も、担当葬儀社に問い合わせて確認をとるのが良いでしょう。できるだけ喪主や喪家に問い合わせることは避けましょう。 また個人で選びたい場合ですが、フラワーショップやインターネットなどで手配を検討する場合に気をつけたいのは、日時の余裕です。届くまでの時間に余裕が無い場合があるケースがあるからです。通夜に間に合わせるなら、遅くても当日の午前中までに依頼したいものです。

宗教や宗派でマナーは変わります

宗教や宗派ごとにお葬式であげるものが変わってきます。仏教では派手な色ではなく落ち着いた色彩を基調としたものが選ばれます。基本は百合や菊、デンファレが多いですが、近年はプリザーブドフラワーなどの日持ちのするものが使われることが有ります。 送り方としては、近年は置く場所の関係や規模から、スタンドではなく、どの場合でも一基だけ送ることが多いです。 神道の葬式の場合は、基本は仏教と同じで構いません。本来の神道では、榊が送られましたが、現在では形が変わって祭主が榊を供え、他の人が花を供えるといった形になっています。 キリスト教の場合は名札は付けないのがマナーです。仏式や神式が殆どの日本人にとっては、キリスト教のみのスタイルは使い分けが難しく、一般のフラワーショップでは扱ってない場合があります。ですが、バスケットフラワー等の籠に入ったアレンジメントならば比較的送りやすいでしょう。キリスト教の場合は、葬儀会場である教会ではなく、故人の自宅に贈るのが原則で直接教会に送ってはいけません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加