葬式で包む香典の金額など知っておきたいこと

香典とは、不祝儀袋に現金を包んだもののことを指します。昔からお葬式に弔問する方は故人に、お線香や、抹香、香木などを供えていたのですが、これが現在となって現金に入れかわっています。 家族の死は突然訪れることなので、遺族にとって突発的な出費となります。そういった出費を、経済的な面からお互いに助け合うといった精神によるものということができます。 故人が親族であるときには、1万円以上、故人が親族ではないときは、およそ5千円ぐらい包むというのが一般的になります。故人が親や、兄弟など近い関係にあったときは、より高い金額を包むというのも一般的な傾向になります。 少しでも遺族の力になればという気持ちは分かりますが3千円以下の金額を包むのは避けた方が無難です。遺族にとっては、お返しでかえって経済的な負担となってしまうためです。

適した不儀袋の種類は宗教や包む金額で異なる

無地の不儀袋は原則として、故人がどの宗教を信仰していた場合でも利用できるため、神式の葬式など、故人が信仰していた宗教を知らない場合の香典に利用するのが良い方法の1つとなります。 蓮の花のイラストが描かれた不儀袋は故人が仏教を信仰しているときにしか利用できないため、故人の宗教を知らない場合は利用しない方が無難です。十字架や、百合の花のイラストが描かれた不儀袋は故人がキリスト教を信仰しているときに使います。 不儀袋は包む金額に応じて適した種類のものを選ぶのがマナーとなります。包む金額が高くなるほど、不儀袋もその金額に応じた高級さを感じられる種類のものを選ぶようにする必要があります。原則として1万円以上の金額を包むときには水引きがイラストではなく実物の種類のものを選ぶのが適しています。

不儀袋の表書きは何にすれば良いのか

仏教の教えでは、故人が亡くなってから四十九日が経つまでの間故人の霊は、仏になっていないため、四十九日の法要を迎えるまでは御霊前、四十九日の法要を迎えた後は御佛前を表書きにするのが正解となります。 香典はお葬式で渡す場合が大多数なため、表書きは御霊前が正しいことがほとんどです。仏教の中でも浄土真宗という宗派では亡くなった直後に仏様になるという教えになっているため、御霊前ではなく、御仏前を表書きに使います。 故人の宗教や宗派を参列する前に確認しておくことが重要ですが、一般的な弔問客は故人の宗派を把握できないこともあるので御霊前を表書きに使ってしまうことも少なくありません。そのため注意する必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加